タレたま!マガジン

コールセンターのアルバイト

役者仲間に「バイト何してる?」と聞けば「コールセンター」とか「テレアポ」など答えが返ってくることが多いので、少し書いていこうと思います。

なぜ人気なのか?

タレントのたまごにとって、ありがたい環境が用意されているからであると考えます。

シフトの融通

大規模なコールセンターだと50人以上で働いているそうです。人が多いからといって休んでいいわけではありませんが、欠員が出ても調整はききそう。シフトの融通も効くということでタレたまの離職も少ない。芸能界のお仕事は本当に突然やってくるので、スケジュール調整できるのはありがたいことです。

オフィスワーク

オフィスワークということもあり、季節に影響されることがありません。エアコンが設備されているところがほどんどで夏は涼しくて、冬は暖かい。快適な環境で仕事ができて、デスクワークで怪我をすることもありません。座れる仕事っていうのもいいですよね。

服装髪型自由

コールセンターは服装・髪型自由なところが多く、見た目に対して寛容な傾向があります。お客様と「対面」するわけではないので、その辺は大目に見てもらえます。

ヴィジュアル系のバンドマンなどにも人気の職種で、髪色が派手な傾向の彼達にとっても「鉄板のアルバイト」であり、その条件のおかげでカッコ良くいることができて、個性を失わずに活動できているのである。

役者であっても、役作りで髪型や髪色を合わせる場合があります。私の場合でも、金髪にしなければいけないことが数多くあったため「髪型自由」という条件でアルバイトを探すことは多かったように記憶しています。

当時の私です…


声のトレーニングになる

声優志望の方にも人気であり「声のトレーニングになる」と積極的に働く人も多い。自分の滑舌を意識したり、方言、訛り、イントネーションを矯正したりする。養成所に通いながらアルバイトをしている人は多いが、仕事は仕事、レッスンはレッスンと割り切るのではなく「仕事もレッスン」と考えるのである。

確かに、働いてお金を貰いながら、更にその中で自分も成長させていくというのは大事な考え方だと私も思う。働いている時間というのは1日のほとんどを占めている。人に与えられた時間は限られているのだから、その中で自分を磨いていくしかない。時間は有効に使うべきだ。

コールセンターは電話口のお客様とお話しをする「対人型」の仕事なので、常に「本番」である。お客様に粗相があってはいけないし、悪い対応をしてしまえば企業のイメージも損なってしまうため「緊張感」を持って取り組む必要がある。

緊張感はいいものだ。プレッシャーの中で人は成長するし、取り組む姿勢も前向きになる。仕事である以上、責任感も出てくるため「甘え」もない。ダラダラしていていい事はないし、緊張感があったほうが身につくことも多いと思う。

時給良き

時給に関しては比較的高く、1200円~のところが多い。仕事内容にもよりますが、契約をとっていくようなコールセンターではインセンティブ(歩合)も発生するので、頑張り次第でお給料の額面も大きく変わってくるでしょう。芸能活動も結構出費がありますから、お給料の面でも助かります。切り詰めていけば「貯金」もできるかもしれませんね!

マニュアルがあるから安心

技術に関しては、最初は何も必要ない。コールセンターやテレアポの仕事のほとんどはマニュアル化されており、台本が用意されている。簡単なパソコン操作が必要なところもあるがそれも慣れてくれば大変ではない。初心者でも始めやすいアルバイトと言えるでしょう。

いい声を作れる

タレント目線で見れば、話し方・声の出し方を学ぶことができ、鍛えることができる。お金も稼ぐことができる。コールセンターで働くことによって通る声、明るい声、滑舌の良い声などを手に入れることができれば、芸能界でもそのスキルは役に立つでしょう。

「いい声」であることはあなたの武器になります。

これからアルバイトをお探しのタレたまさんは、自分磨きのためにもコールセンターで働いてみてはいかがでしょうか。現在タレたま!で募集中のコールセンターのアルバイトはこちらです。是非、ご応募ください。

代表が元声優のコールセンター!